Listen free for 30 days

£7.99/month after 30 days. Cancel anytime

Summary

内容紹介
「事故物件」(7分)
マユミさんという二十代の女性が引っ越しをしようと不動産屋に相談をした。バスルームを確認すると…
「美術の先生」(19分)
この高校には不気味なことが二つあった。
一つ目は青色のサリーを着た女性の幽霊が出るという噂。
もう一つは頭蓋骨の絵ばかり描いている美術の先生…
「エベレスト」(28分)
旭堂南湖の代表作。南湖が今は亡き父親と富士山に登った体験談を語る。
子供の時、一緒に登山していた友達が登山家になった……
「ドライブレコーダー」(7分)
警察から電話があった。交差点で信号無視をした疑いがあるので、警察署に来て、ドライブレコーダーで撮影された映像を確認してほしいという…
「ウォーターゲーム」(8分)
昔ウォーターゲームというものがあった。小さな水槽の中に、輪っかがいくつか沈んでいて、ボタンを押すと、水流が起こり、この輪っかが水中を漂う…
「リュウグウノツカイ」(8分)
ある漁師町から泳いで二十分程のところに、岩でできた無人島がある。海岸には切り立った崖があり、その崖の下に…
「邪鬼」(6分)
竹書房「怪談マンスリーコンテスト」佳作。 祖母が幼い頃。近所の小高い山の中腹にお寺があった。石段を登っていくと…
「鬼の子」(10分)
ハルコの家には鶏小屋があり、毎朝、卵を収穫して、小屋の掃除をするのがハルコの仕事。ハルコがザルを持って卵を集めていると…
「恩智川の大山椒魚(東大阪てのひら怪談優秀賞作品)」(5分)
祖母が子供の頃、東大阪市の恩智川に大山椒魚がいたそうだ。現在、川は濁っており…
「枚岡の古老に聞いたお話(東大阪てのひら怪談からもう一話)」(7分)
東大阪市の枚岡駅近くに公園がある。ある日、ベンチに座っていると、ステテコ姿のお爺さんが杖を突きながらやってきた。そして、静かに話し始めた…
「話が違う」(6分)
講談で語るスプラッター映画のようなユーモアと恐怖。怪談にオチは必要ないのだが、この怪談にはオチがある…
©2020 Nanko kyokudou

What listeners say about 講談 現代怪異譚 一

Average customer ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.