Listen free for 30 days

£7.99/month after 30 days. Cancel anytime

Summary

稲森夜話 聴かなければよかった話
幼少のころから不思議な体験を数多くした稲森の実話をもとに構成され、その全てが実体験。
本人が体験したからこそ語ることのできる、細部にわたる生の臨場感には定評がある。 ただ恐ろしい・怖いだけではなく、怪談の風情を楽しめる語りが特徴。
本職が俳優である稲森の叙事あふれる話し方は、怪談の枠を越えて、男女を問わず支持されている。

内容紹介
【橋】(29分)
大きな鉄橋の隣にある小さな橋。
最近は人通りもほとんどない、ある意味ではデートスポットになっている場所だ。
しかしその裏で自死の名所としても知られている。ある日…。
【別れを告げに来た友人】(21分)
その日、仕事終わらせてから部屋に戻り、あまりの眠たさにめずらしく早めに布団に入った。しかし、夜中に目が覚めてしまったため、そのまましばらく起きていると、真夜中にノックの音がする。訪ねてきたのは…。
【夜中に廊下を歩く頭】(20分)
合宿で使用する、古びた集会所。そこは幽霊屋敷と噂されている場所だった。
ある日寝ていると…、ズリズリ…。何かが這いずりまわる音がする…。
【古びた旅館にさまよう姉弟】(27分)
廊下を走る子供の足音と笑い声。風呂場を覗く子供。車に隠れる子供。
その旅館は、子供の遊び場だった。
一体何処の子供だろう、偶然見つけた子供が映った写真…。
それは20年も前の写真で…。
【洋館に棲む住人】(26分)
撮影現場の洋館にあった大きな柱時計。 撮影の途中で音が気になりスタッフが止めたはずなのだが、いつの間にか気がつくと時を刻んでいる。
夜、電気をつけて寝たはずが、気がつくと真っ暗で、聞こえてきたのは、あの時計の音…。
©2020 Makoto inamori

What listeners say about 稲森夜話 聴かなければよかった話 八

Average customer ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.